• 최종편집 2020-09-21(월)

日本語
Home >  日本語  >  生活情報誌

실시간뉴스
  • 多文化家族の韓國生活に必要なプログラム、どんなものがありますか?
      コロナ事態さえ終息すれば、社會的距離に積極に賛同し、様々な自粛を行っていた多文化家族支援センターは、多文化家族に必要な様々なプログラムを始める予定だ。どんなプログラムがあるか前もって調べてみよう。 結婚移民者のための通翻譯サービス 多文化家族支援センターは、結婚移民者の家族と社會生活に必要なコミュニケーション支援のために、カウンセリング人材を確保、結婚移民者通翻譯サービスを提供している。  通翻譯は入國初期の結婚移民者のコミュニケーション、および生活支援と多文化家族內言語、文化的葛藤解決、そして結婚移民者の韓國生活定着に大きな助けとなっている。 京畿道は地域が広く、どの都市でも国ごとの通翻譯サービスに対する要求が高い。 そのためセンターは今年、 ▲他機關と連繫した通翻譯サービス ▲広報强化を通じたサービス提供擴大 ▲協約機關に訪問するサービス ▲他言語需要發生時、センター連繫などの多樣なサービスを推進している。 京畿道のある多文化家族支援センターの要求調査によると、法律(滯留關聯、歸化、社會統合プログラムなど)と關聯した通翻譯要求が57%で最も多く、次に公共機關(銀行、裁判所、病院など)利用時の通驛支援40%、日常生活および翻譯書類關聯要求がそれぞれ33%、30%など。 幸せな家族關係をつくるカウンセリングサービス ‘最近の多文化人口動態統計’資料によると、多文化世帶の結婚、離婚比率は持続的に變化している。その中でも2018年多文化家族の離婚は10254件で、全體離婚数のうちの9.4%を占める。 そのため多文化家族のカウンセリングサービス要求は毎年高まり、夫婦問題や家族關係についてのカウンセリングが増えている。これに京畿道の多文化家族支援センターは危機家庭の様々な家族問題解決のために、管轄機關と連繫した統合的なサービスを推進している。  一線のセンター關係者は、“多文化家族の文化、經濟、養育、性など、家族カウンセリング事例の內容は多樣化している”とし、“面接および電話、訪問、カウンセリングを通じて結婚移住民の適應彈力性を育て、多文化家族の健康な家族機能回復と豫防を支援するために、カウンセリングサービスの重要性は高まってきている”とした。 ますます重要性が高まる二重言語 多文化家族が増えるなか、二重言語環境造成の必要性について社會的關心も高まっている。 最近では子どもが幼いときから母親の母國語に自然に触れさせ、二重言語を習得できるよう手助けする二重言語環境造成の必要性が高まっている。 多文化家族支援センターは、多文化家庭の子どもたちのための二重言語敎育とともに、両親對象の敎育を通じて二重言語環境造成の重要性を広報している。 多樣な二重言語プログラムは、養育にたいする不安感を減らし、多文化家族の子どもたちの自尊心を育て、健康な成長をそくす。特に韓國語でのコミュニケーションが難しい結婚移民者たちの場合、子どもとの韓国語でのコミュニケーションが上手くいかないため、幼いころから二重言語環境を造成すれば、子どもとのコミュニケーションに飛躍的に助けとなる。  現場の專門家は、“二重言語環境が造成されている多文化家庭の子どもたちは、國家間交流を媒介する未來社會の成長動力となり、韓国社會の多樣性を育み、違う文化、言語を包容する力となるだろう”とした。 二重言語環境造成のためのプログラムは、各地域の多文化家族支援センターに問い合わせると詳しい案內を受けられる。   아키오 기자
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2020-03-31

실시간 生活情報誌 기사

  • 京畿道災難基本所得、多文化家族はどうやって申し込むのですか?
      家族數と出生年度別で申請、國籍取得していない多文化家族は約2週間後に申請   京畿道は4月9日から京畿道災難基本所得オンライン申請を受け付けている。コロナ19の感染蔓延による經濟悪化狀況を克服するための災難基本所得は、所得と年齢に関係なく2020年3月23日基準で京畿道に居住するすべての道民に、一人当り1回10萬ウォンを支給する。   3月24日、京畿道災難基本所得發表時には、韓國國籍を取得していない外國人を支給對象から除外すると發表したが、以後移住民團體と女性家族部の要請に従い、外國人に対する支援を再檢討した。その結果、4月20日にイ・ジェミョン京畿道知事は結婚移民者と永住權者など、外國人住民に韓国人と同一金額の災難基本所得を支給すると發表した。   申し込む方法は?   今回の災難基本所得の申し込みは、なるべく人が一時に集まらないように様々な受け付け方法が準備されている。保有している個人の信用カードおよび京畿地域貨幣カードを活用し、オンラインで申請と、オフライン申請で先払カードの發給を申し込む方法の二通りだ。   5月中旬からは高齡者や障がい者など、直接申し込みが難しい人たちのために訪問受け付けサービスを施行する豫定だ。 京畿道災難基本所得オンライン申請は4月9日から30日まで。   京畿道災難基本所得申請專用ページ(http://basicincome.gg.go.kr/)にアクセスし、個人が保有する信用カード及び京畿地域貨幣カードの番號と、本人名義の携帶電話番號で本人認證手続きを行う。未成年者は両親が、世帶主または世帶主の配偶者として代りに申請可能。   訪問申請の場合、申請期間は4月20日から7月31日までで比較的余裕がある。受付がいっぺんに集中することを避けるために、家族数及び住民番號の生まれ年の最後の数で區分した曜日制を施行するので注意が必要。   例えば4人以上の世帯は4月26日まで、3人世帯は4月27日~5月3日、2人世帯は5月4日~10日、1人世帯及び未申請者は5月11日~17日に申請すること。   この場合にも生まれた年度の最後の数に注意。1990年に生まれ家族数が3人ならば、4月27日~5月 3日の期間の金曜日に申請する。1993年に生まれ家族数が2人ならば、5月4日~10日の期間の水曜日。   申請を望む多文化家族は該當する日にち、及び曜日に身分證を持参し住所地の行政福祉センター及び農協銀行を訪問すればよい。   地域別行政福祉センターは曜日制を施行する4月20日から 5月17日の間の平日20時、週末及び公休日18時まで受け付ける。   どう使うのか?   外國人災難基本所得はすべて先払カード形式で支給される。   5月中旬以後から居住する地域の 邑面洞行政福祉センターを訪問申請する。外國人情報システムで確認手続きを経なければならないため、農協銀行での災難基本所得申請は不可能。   韓国人、外國人両方とも災難所得申請以後に使用承認文字メッセージを受ける。   文字メッセージを受信した日から3ヶ月以内、または8月31日までに支給された災難基本所得をすべて使用せねばならない。使用しない金額は期間以後回收される。   登錄あるいは發給されたカードで決濟すると、自動的に振り落とされるシステムで、住所地市郡のデパート、大型マート、遊興業所などを除外した年間売り上げ10億ウォン以下の売り場にて決濟可能。ただし 在来傳統市場の場合、10億ウォン以上の売り上げのある業者でも可能だ。   より詳しい情報は京畿地域貨幣ホームページ(http://www.gmoney.or.kr/)で近隣地域貨幣加盟店を檢索すること。     チェ・イェジ記者    
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2020-05-07
  • 多文化家族の韓國生活に必要なプログラム、どんなものがありますか?
      コロナ事態さえ終息すれば、社會的距離に積極に賛同し、様々な自粛を行っていた多文化家族支援センターは、多文化家族に必要な様々なプログラムを始める予定だ。どんなプログラムがあるか前もって調べてみよう。 結婚移民者のための通翻譯サービス 多文化家族支援センターは、結婚移民者の家族と社會生活に必要なコミュニケーション支援のために、カウンセリング人材を確保、結婚移民者通翻譯サービスを提供している。  通翻譯は入國初期の結婚移民者のコミュニケーション、および生活支援と多文化家族內言語、文化的葛藤解決、そして結婚移民者の韓國生活定着に大きな助けとなっている。 京畿道は地域が広く、どの都市でも国ごとの通翻譯サービスに対する要求が高い。 そのためセンターは今年、 ▲他機關と連繫した通翻譯サービス ▲広報强化を通じたサービス提供擴大 ▲協約機關に訪問するサービス ▲他言語需要發生時、センター連繫などの多樣なサービスを推進している。 京畿道のある多文化家族支援センターの要求調査によると、法律(滯留關聯、歸化、社會統合プログラムなど)と關聯した通翻譯要求が57%で最も多く、次に公共機關(銀行、裁判所、病院など)利用時の通驛支援40%、日常生活および翻譯書類關聯要求がそれぞれ33%、30%など。 幸せな家族關係をつくるカウンセリングサービス ‘最近の多文化人口動態統計’資料によると、多文化世帶の結婚、離婚比率は持続的に變化している。その中でも2018年多文化家族の離婚は10254件で、全體離婚数のうちの9.4%を占める。 そのため多文化家族のカウンセリングサービス要求は毎年高まり、夫婦問題や家族關係についてのカウンセリングが増えている。これに京畿道の多文化家族支援センターは危機家庭の様々な家族問題解決のために、管轄機關と連繫した統合的なサービスを推進している。  一線のセンター關係者は、“多文化家族の文化、經濟、養育、性など、家族カウンセリング事例の內容は多樣化している”とし、“面接および電話、訪問、カウンセリングを通じて結婚移住民の適應彈力性を育て、多文化家族の健康な家族機能回復と豫防を支援するために、カウンセリングサービスの重要性は高まってきている”とした。 ますます重要性が高まる二重言語 多文化家族が増えるなか、二重言語環境造成の必要性について社會的關心も高まっている。 最近では子どもが幼いときから母親の母國語に自然に触れさせ、二重言語を習得できるよう手助けする二重言語環境造成の必要性が高まっている。 多文化家族支援センターは、多文化家庭の子どもたちのための二重言語敎育とともに、両親對象の敎育を通じて二重言語環境造成の重要性を広報している。 多樣な二重言語プログラムは、養育にたいする不安感を減らし、多文化家族の子どもたちの自尊心を育て、健康な成長をそくす。特に韓國語でのコミュニケーションが難しい結婚移民者たちの場合、子どもとの韓国語でのコミュニケーションが上手くいかないため、幼いころから二重言語環境を造成すれば、子どもとのコミュニケーションに飛躍的に助けとなる。  現場の專門家は、“二重言語環境が造成されている多文化家庭の子どもたちは、國家間交流を媒介する未來社會の成長動力となり、韓国社會の多樣性を育み、違う文化、言語を包容する力となるだろう”とした。 二重言語環境造成のためのプログラムは、各地域の多文化家族支援センターに問い合わせると詳しい案內を受けられる。   아키오 기자
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2020-03-31
  • “健康はUP! 醫療費はDOWN!” 多文化家族保健情報、本人負擔上限制
    2018年度の本人負擔上限額引き下げで、本人負擔上限制所得分位基準により發生する還給金が返金されるということを知っていましたか?多文化家族の皆さんも知っていると役立つ‘醫療費本人負擔上限制’について調べてみましょう。   -‘本人負擔上限制’とは? “過度な醫療費による家計負擔を減らすために、所得水準別に1年間の醫療費本人負擔上限額を決めて、その金額を超過する場合、超過金額を健康保險公團が負擔する制度です。‘事前給與’と‘事後還給’の2種類があります。ただし病院費のうち、非給與項目、インフラント、2人部屋と3人部屋の入院料などの本人負擔金は、本人負擔上限制から除外されます”   -‘事前給與’と‘事後還給’はどこが違うのですか? “本人負擔上限制は‘事前給與’と‘事後還給’に區分されています。‘事前給與’は年間(1/1~12/31)療養機關で負擔する年間本人負擔金醫療費が最高上限額をこえる場合、診療を受けた人は最高上限額までを病院に納付し、超過額は病院が公團に請求して支給される制度です。同一病院で負擔した健康保險適用本人負擔金が、年間80万ウォン(2018年基準、所得が多い人は523万ウォンまで本人負擔)を超過すると、受納段階で本人は80万ウォンまで負擔し、超過全額は國民健康保險公團が負擔します。。 ‘事後還給’は年間(1/1~12/31)本人負擔金總額が、個人別上限額を越えて事前給與を受けない場合、超過額を公團が患者に申請口座に直接支給する制度です。年間本人負擔額總額が80万ウォン(所得が多い人は523万ウォン)をこえても、外來または他の病院利用などで事前適用を受けられない場合、公團がその內譯を確認して超過額を確認後、翌月に支給します。”   -2017年度と比較するとどのような点が變更されましたか? “低所得層の本人負擔上限額が引き下げられました。所得が最も低い下位1分位は122万ウォンから80万ウォン、2~3分位は153万ウォンから100万ウォン、4~5分位は205万ウォンから150万ウォンに引き下げました。ただ本人負擔上限額引き下げに伴う療養病院長期入院を防止するために、療養病院入院120日超過時には従来の上限制基準を適用します。 本人負擔上限額引き下げで、低所得層(所得下位50%)は年間40-50万ウォンの醫療費が減ります。前年對比約34万人が追加され、本人負擔上限制の恩恵を受けることになり、低所得層の醫療費負擔が大きく減ります”   번역 아키오 객원기자            
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2019-08-06
  • 多文化家族保健情報、本人負擔上限制“健康はUP! 醫療費はDOWN!”
           2018年度の本人負擔上限額引き下げで、本人負擔上限制所得分位基準により發生する還給金が返金されるということを知っていましたか?多文化家族の皆さんも知っていると役立つ‘醫療費本人負擔上限制’について調べてみましょう。   -‘本人負擔上限制’とは? “過度な醫療費による家計負擔を減らすために、所得水準別に1年間の醫療費本人負擔上限額を決めて、その金額を超過する場合、超過金額を健康保險公團が負擔する制度です。‘事前給與’と‘事後還給’の2種類があります。ただし病院費のうち、非給與項目、インフラント、2人部屋と3人部屋の入院料などの本人負擔金は、本人負擔上限制から除外されます”   -‘事前給與’と‘事後還給’はどこが違うのですか? “本人負擔上限制は‘事前給與’と‘事後還給’に區分されています。‘事前給與’は年間(1/1~12/31)療養機關で負擔する年間本人負擔金醫療費が最高上限額をこえる場合、診療を受けた人は最高上限額までを病院に納付し、超過額は病院が公團に請求して支給される制度です。同一病院で負擔した健康保險適用本人負擔金が、年間80万ウォン(2018年基準、所得が多い人は523万ウォンまで本人負擔)を超過すると、受納段階で本人は80万ウォンまで負擔し、超過全額は國民健康保險公團が負擔します。。 ‘事後還給’は年間(1/1~12/31)本人負擔金總額が、個人別上限額を越えて事前給與を受けない場合、超過額を公團が患者に申請口座に直接支給する制度です。年間本人負擔額總額が80万ウォン(所得が多い人は523万ウォン)をこえても、外來または他の病院利用などで事前適用を受けられない場合、公團がその內譯を確認して超過額を確認後、翌月に支給します。”   -2017年度と比較するとどのような点が變更されましたか? “低所得層の本人負擔上限額が引き下げられました。所得が最も低い下位1分位は122万ウォンから80万ウォン、2~3分位は153万ウォンから100万ウォン、4~5分位は205万ウォンから150万ウォンに引き下げました。ただ本人負擔上限額引き下げに伴う療養病院長期入院を防止するために、療養病院入院120日超過時には従来の上限制基準を適用します。 本人負擔上限額引き下げで、低所得層(所得下位50%)は年間40-50万ウォンの醫療費が減ります。前年對比約34万人が追加され、本人負擔上限制の恩恵を受けることになり、低所得層の醫療費負擔が大きく減ります”   번역 아키오 객원기자
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2019-08-06
비밀번호 :