• 최종편집 2021-12-07(화)

日本語
Home >  日本語  >  生活情報誌

실시간뉴스
  • Информация о наборе базы данных талантов среди представителей мультикультурных семей в 2021 году
    <자료 여성가족부> В период с 29 июня по 30 сентября проводится набор в Базу данных талантов среди представителей мультикультурных семей-2021. С 2016 года Министерство гендерного равенства и Корейский институт здоровой семьи проводят набор среди членов мультикультурных семей в Базу данных талантов с целью стимулировать активное участие в общественной жизни представителей мультикультурных семей и помочь развитию и росту глобальных талантов.  В этом году набор в базу данных мультикультурных талантов составляет 100 чел.  Подать заявку могут представители мультикультурных семей, которые в соответствии со ст. 2 «Закона о поддержке мультикультурных семей» могут подтвердить двуязычие: - члены правительственного комитета, член собрания представителей мультикультурных семей, члены региональных комитетов и консультативных групп и другие члены;  - представители мультикультурных организаций и групп, связанных с мигрантами, председатели волонтерских групп при центрах поддержки мультикльтурных семей, лидеры сообществ и собраний и т.п. : - имеющие опыт работы по связанным специальностям: двуязычные преподаватели и инструкторы, устные и письменные переводчики, преподаватели многокультурья, тур. переводчики и т.п.  - студенты,успешно сдавшие языковые экзамены( на переводчика и т.п.) и  победители конкурсов двуязычных талантов; - имеющие университетское образование или выше в своей стране или в Корее; а также представители мультикультурных семей, владеющие разносторонними талантами в сфере искусства, физического воспитания, математики, науки, развлечений, кулинарии и др.сферах, и те, кто может предоставить необходимые документы, подтверждающие знание 2языков или наличие талантов(рекомендательные письма, автобиографию и др). Зарегистрировавшимся в базу данных талантов среди представителей мультикультурных семей предоставляется разнообразная поддержка, такая как: - рекомендация для стипендиальных проектов, связанных с местными и зарубежными компаниями и организациями,  - информационная поддержка, связанная с зарубежным обменом, образовательными программами и трудоустройством; -содействие в трудоустройстве, стажировке за границей, международном обмене и связь с зарубежными волонтерскими группами.
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-08-24
  • “外国人住民の子弟も青少年交通費支給を受けられます”
    <자료 경기도>   <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6589 >   京畿道は‘2021年度上半期青少年交通費支援事業’の申し込みを8月16日まで受付けている。   ‘青少年交通費支援事業’は2019年下半期から道內バス料金の値上がりに伴い、經濟的に援助を受けなければならない京畿道內の満13~23歲の青少年の交通費負担緩和を目的として導入された事業だ。   今回の交通費支援は今年の1月から6月まで京畿バス(市內/マウル)を利用した青少年に、実際に使用した交通費を最大6万ウォン(年間12万ウォン)限度で地域貨幣に還給する。   支援対象交通手段は京畿道市內バス(一般、広域、Mバス、京畿循環)とマウル・バス。京畿道 市內·マウル・バス利用前後30分以內(午後9時~次の日の午前7時までは1時間以內)に乗り換えたソウル·仁川バスと電車(地下鉄)利用内訳についても支援する。   支援金申し込みは7月1日から8月16日まで、‘京畿道青少年交通費支援ホームページ(www.gbuspb.kr)’に会員登録してから申し込む。   まず新規会員は加入時に道內居住確認のための共同認證書に登録後、使用する‘交通カード番号’と支給を受ける‘地域貨幣番号’を登録する。   旣存会員で加入してから10ヶ月がすぎている場合、ログイン後に交通カード地域貨幣情報に変更がなければ、すぐに共同認証書で居住地認証を更新して申し込む。   ただし紛失などの理由で新しい交通カードを利用している場合、登録されたカード情報を追加(交通カード)または修正(地域貨幣)すること。加入してから10ヶ月がすぎていない会員は、共同認証書を通じた居住地確認手続きは必要ない。   ‘交通カード番号’は青少年が実際に使用したプリペイド交通カード(Tーマネー、キャッシュ・ビーなど)、または本人名義の後払い交通カードの登録が可能だ。   両親や他人名義の後払い交通カードは申し込み不可。‘地域貨幣番号’も本人名義で申し込むこと。地域貨幣が発給されない満13歳や本人名義の携帯がなく、地域貨幣発給が不可能な青少年は、両親か世帶主の地域貨幣番号で申し込み可能。   京畿道はよりたくさんの青少年が支援を受けられるように京畿道敎育庁など、関連機関を通じて申し込み方法などをモバイル家庭通信メッセージで発送し、G-バスTV、道·市郡のホームページ、ブログ、SNS、主要道路揭示板などを活用した広報活動を行っている。   青少年交通費支給は住民登録表登載を基準にしている。従って外国人住民の子弟でも外国人配偶者や子弟などが世帶別住民登録表記載を要請すれば、住民登録表に登録され支給を受けられる。    支援に関するより詳しい內容は、京畿道青少年交通費支援のホームページ(www.gbuspb.kr)を確認するか、京畿道青少年交通費支援コールセンター(1577-8459)に問合わせること。
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-08-07
  • 京畿道結婚移住女性、より堂々とした女性、がんばる親を応援します
    <사진 경기도>   <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6501>   ‘京畿女性ガバナンス’活動家募集  京畿道が道內女性の社会参与拡大、性平等政策·文化拡散のために、‘京畿女性ガバナンス’分野別活動家を25日まで募集する。   京畿道女性ビジョンセンターは、京畿女性ガバナンスを4つの分野(ネットワーク)に分けて運営する予定だ。 ▲女性安心環境ネットワーク(女性安心分野活動家) ▲女性活動家ネットワーク(道內草の根小集まり、村のコミュニティ会員) ▲女性プラットフォー厶ネットワーク(女性経済活動、創業プラットフォーム会員) ▲2030ネットワーク(20·30代の青年)などだ。   選ばれた活動家は1年間、性認知意識、政策力量向上のための敎育を受ける。あわせてモニタリング、アンケート調査などを活用した政策発掘活動および提言、執行部·議会·道民間のコミュニケーション役割などを受け持ち、活動費として少額の手当てもある。   分野別選定方法は女性安心環境ネットワークの場合、市郡別推薦を通じて別途の選定審査なしで選抜する。残りの3分野は各集まりの性格に適合する道民なら誰でも支援を受けられるため、書類審査を経て最終選拔する。募集人数は分野別50人ほどで計200人だ。   書類審査を通じて募集される3分野の募集期間は7月25日までだ。京畿道女性ビジョンセンターのホームページ(https://www.gg.go.kr/woman)公知事項で申し込み書式をダウンロードして担当者へメール、またはオンラインで申し込むこと。詳しいことは京畿道女性ビジョンセンター(031-8008-8013)。 子どもを持とうと考えている親、親のための人性(人となり)教育 京畿道が9月まで道內の子どもを持とうと考えている親、子どものいる人を対象に人性教育‘京畿道立派な親’を実施する。   京畿道北部育児綜合支援センターが主管する今回の教育は、道內の華城、始興などの保育所18ヶ所でオンライン会議プラットフォームのズーム(zoom)で進行する。ただし一部の保育所は対面教育も並行する。   教育は▲親の役割 ▲子どもの理解(気質·愛着教育) ▲子どもとの関係づくり(問題行動指導)の3つの講義で構成されている。 講義の教育時間は約120分だ。   今年の5月から始まった講義は、上半期(223人修了)に続いて7月から下半期の教育に入る。教育申し込みを希望する子どもを持とうと考えている親、乳幼児の親は、教育対象保育所18ヶ所で教育日程を確認後に申し込むこと。   一方、‘京畿道立派な親’親人性教育資格課程は、昨年の‘乳幼児人性教育アイディア(政策提案)公募展’で選定された新規事業だ。  
    • 한국어
    • 행사
    • 日本語
    2021-07-19
  • 首都圏ソーシャル・ディスタンシング12日から4段階に調整
    <사진 국무총리실>   <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6475>   政府が首都圏のソーシャル・ディスタンシング段階を7月12日から2週間4段階に格上げした。   今回の措置に従って午後6時以後は3人以上の集まりは禁止され、2人だけが私的に集まることができる。午後6時以前は4人まで私的な集まりが許される。   食堂、カフェなど、多重利用施設は午後10時まで運営され、クラブ、ハンティング居酒屋のような遊興施設の場合、集合禁止を維持する。    1人デモ以外の集会と行事も全面禁止される。結婚式と葬式には親族だけが参加できる。親族(8寸以內の血族、4寸以內の姻戚、配偶者)も49人までが許容範囲だ。    学校は新しいディスタンシング4段階により、全面遠隔授業に転換されるが、日程変更準備期間を経て7月14日から本格適用される。    宗敎施設はオンライン礼拝のみ可能、各種集まり、行事と食事、宿泊は禁止だ。   職場勤務は製造業を除く事業場には時差出退勤制、昼休み時差制、在宅勤務30%を勧告している。   正規公演施設の公演は公演場防疫守則の遵守を条件にしているが、それ以外の臨時公演タイプの室內外公演は行事的なものとみなされすべて禁止。    ワクチン接種者に適用されていた防疫緩和措置も留保となる。これにともない ▲直系家族の集まり ▲私的な集まり、行事 ▲多重利用施設 ▲宗敎活動、聖歌隊のなどの少人数の集まりなどに参加する場合、予防接種者でも集まりの利用人数基準から除外しない。   キム・ブリョ厶総理は、“最高水準のディスタンシング段階なので、これ以上退けないという覚悟で臨む。私的な集まりは今日からでも自制していただきたい”とし、“首都圏以外の自治体でもディスタンシング段階調整など、先制的防疫強化措置を積極的にしていただきたい”と念を押した。    今回の首都圏ソーシャル・ディスタンシング4段階措置は7月12日0時から適用され、25日24時まで2週間施行する。適用範囲は首都圏全体だ。    今回の措置で首都圏の多文化家族支援センターと外国人福祉センターなども、対面プログラムが全面取り消し、もしくは延期、オンライン転換されると予想される。
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-07-19
  • 所得が低く、日常生活が困難ならば生計給與を申請
    <자료=보건복지부>   基礎生活保障生計給與扶養義務者基準が大幅緩和される。   政府は2021年から‘高齢者’と‘一人親家族’、‘重度障がい者世帯’の基礎生活保障生計給與に対する扶養義務者基準を緩和する。   扶養義務者基準とは、基礎生活保障を申請した受給者のすべての世帯員を對象に、両親、子ども、など、1寸直系血族の財産所得水準を考慮することを指す。   所得がたいへん低く日常生活が困難な場合、政府の生計費支援を受けることができる。   その際、扶養義務者基準を確認し、申請者家族の両親と子どもなど、直系家族に財産や所得が多い者がいると生計費支給が拒否されたいた。   しかし今回‘高齢者がいる世帯’と‘一人親家族’、‘障がい者世帯’の扶養義務者基準が緩和されたことで、両親や子どもが財産が多いという理由で生計費支援を受けられない事例は減るだろうとみている。    緩和された扶養義務者基準によると、扶養義務者が年1億ウォン、月834万ウォン以上の高所得者や金融財産を除く財産が9億ウォン以上の場合にだけ生計費支援を受けることができない。   それ以外の場合は、生計費申請者の所得·財産などの基準のみを満せば、生計給與支援を受けることができる。    2021年基準生計給與を受けることができる中位所得30%基準は4人家族は146万2887ウォン、3人家族は119万5185ウォン。2人家族は92万6424ウォン。   自分の家族が受ける給與がこの基準に達していなければ、邑面洞行政福祉センターで生計給與を申請すること。   現在の自分の狀況がよく分からなければ、まずは行政福祉センターを訪問して、福祉擔當職員と相談することをお薦めする。   一方醫療給與は中位所得の40%以下、住居給與は中位所得の45%以下、敎育給與は中位所得の50%以下に支給するため、生計給與を受けられなくても他の給與の申請が可能だ。   政府は広報紙配布、ホームページ揭示など、積極的な広報を進め、對象者を發掘、より多くの人が恩恵を受けられるようにするとしている。   政府關係者は“より多くの市民が國民基礎生活保障制度の恩恵を受けられるようになると期待”とし、“過去には扶養義務者基準超過などにより支援を受けられなかった低所得層を積極的に發掘し、福祉の死角をなくしていく”とした。      詳しい內容はお住まいの邑面洞行政福祉センター窓口にて。 경기다문화뉴스   
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-01-27

실시간 生活情報誌 기사

  • Информация о наборе базы данных талантов среди представителей мультикультурных семей в 2021 году
    <자료 여성가족부> В период с 29 июня по 30 сентября проводится набор в Базу данных талантов среди представителей мультикультурных семей-2021. С 2016 года Министерство гендерного равенства и Корейский институт здоровой семьи проводят набор среди членов мультикультурных семей в Базу данных талантов с целью стимулировать активное участие в общественной жизни представителей мультикультурных семей и помочь развитию и росту глобальных талантов.  В этом году набор в базу данных мультикультурных талантов составляет 100 чел.  Подать заявку могут представители мультикультурных семей, которые в соответствии со ст. 2 «Закона о поддержке мультикультурных семей» могут подтвердить двуязычие: - члены правительственного комитета, член собрания представителей мультикультурных семей, члены региональных комитетов и консультативных групп и другие члены;  - представители мультикультурных организаций и групп, связанных с мигрантами, председатели волонтерских групп при центрах поддержки мультикльтурных семей, лидеры сообществ и собраний и т.п. : - имеющие опыт работы по связанным специальностям: двуязычные преподаватели и инструкторы, устные и письменные переводчики, преподаватели многокультурья, тур. переводчики и т.п.  - студенты,успешно сдавшие языковые экзамены( на переводчика и т.п.) и  победители конкурсов двуязычных талантов; - имеющие университетское образование или выше в своей стране или в Корее; а также представители мультикультурных семей, владеющие разносторонними талантами в сфере искусства, физического воспитания, математики, науки, развлечений, кулинарии и др.сферах, и те, кто может предоставить необходимые документы, подтверждающие знание 2языков или наличие талантов(рекомендательные письма, автобиографию и др). Зарегистрировавшимся в базу данных талантов среди представителей мультикультурных семей предоставляется разнообразная поддержка, такая как: - рекомендация для стипендиальных проектов, связанных с местными и зарубежными компаниями и организациями,  - информационная поддержка, связанная с зарубежным обменом, образовательными программами и трудоустройством; -содействие в трудоустройстве, стажировке за границей, международном обмене и связь с зарубежными волонтерскими группами.
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-08-24
  • “外国人住民の子弟も青少年交通費支給を受けられます”
    <자료 경기도>   <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6589 >   京畿道は‘2021年度上半期青少年交通費支援事業’の申し込みを8月16日まで受付けている。   ‘青少年交通費支援事業’は2019年下半期から道內バス料金の値上がりに伴い、經濟的に援助を受けなければならない京畿道內の満13~23歲の青少年の交通費負担緩和を目的として導入された事業だ。   今回の交通費支援は今年の1月から6月まで京畿バス(市內/マウル)を利用した青少年に、実際に使用した交通費を最大6万ウォン(年間12万ウォン)限度で地域貨幣に還給する。   支援対象交通手段は京畿道市內バス(一般、広域、Mバス、京畿循環)とマウル・バス。京畿道 市內·マウル・バス利用前後30分以內(午後9時~次の日の午前7時までは1時間以內)に乗り換えたソウル·仁川バスと電車(地下鉄)利用内訳についても支援する。   支援金申し込みは7月1日から8月16日まで、‘京畿道青少年交通費支援ホームページ(www.gbuspb.kr)’に会員登録してから申し込む。   まず新規会員は加入時に道內居住確認のための共同認證書に登録後、使用する‘交通カード番号’と支給を受ける‘地域貨幣番号’を登録する。   旣存会員で加入してから10ヶ月がすぎている場合、ログイン後に交通カード地域貨幣情報に変更がなければ、すぐに共同認証書で居住地認証を更新して申し込む。   ただし紛失などの理由で新しい交通カードを利用している場合、登録されたカード情報を追加(交通カード)または修正(地域貨幣)すること。加入してから10ヶ月がすぎていない会員は、共同認証書を通じた居住地確認手続きは必要ない。   ‘交通カード番号’は青少年が実際に使用したプリペイド交通カード(Tーマネー、キャッシュ・ビーなど)、または本人名義の後払い交通カードの登録が可能だ。   両親や他人名義の後払い交通カードは申し込み不可。‘地域貨幣番号’も本人名義で申し込むこと。地域貨幣が発給されない満13歳や本人名義の携帯がなく、地域貨幣発給が不可能な青少年は、両親か世帶主の地域貨幣番号で申し込み可能。   京畿道はよりたくさんの青少年が支援を受けられるように京畿道敎育庁など、関連機関を通じて申し込み方法などをモバイル家庭通信メッセージで発送し、G-バスTV、道·市郡のホームページ、ブログ、SNS、主要道路揭示板などを活用した広報活動を行っている。   青少年交通費支給は住民登録表登載を基準にしている。従って外国人住民の子弟でも外国人配偶者や子弟などが世帶別住民登録表記載を要請すれば、住民登録表に登録され支給を受けられる。    支援に関するより詳しい內容は、京畿道青少年交通費支援のホームページ(www.gbuspb.kr)を確認するか、京畿道青少年交通費支援コールセンター(1577-8459)に問合わせること。
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-08-07
  • 京畿道結婚移住女性、より堂々とした女性、がんばる親を応援します
    <사진 경기도>   <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6501>   ‘京畿女性ガバナンス’活動家募集  京畿道が道內女性の社会参与拡大、性平等政策·文化拡散のために、‘京畿女性ガバナンス’分野別活動家を25日まで募集する。   京畿道女性ビジョンセンターは、京畿女性ガバナンスを4つの分野(ネットワーク)に分けて運営する予定だ。 ▲女性安心環境ネットワーク(女性安心分野活動家) ▲女性活動家ネットワーク(道內草の根小集まり、村のコミュニティ会員) ▲女性プラットフォー厶ネットワーク(女性経済活動、創業プラットフォーム会員) ▲2030ネットワーク(20·30代の青年)などだ。   選ばれた活動家は1年間、性認知意識、政策力量向上のための敎育を受ける。あわせてモニタリング、アンケート調査などを活用した政策発掘活動および提言、執行部·議会·道民間のコミュニケーション役割などを受け持ち、活動費として少額の手当てもある。   分野別選定方法は女性安心環境ネットワークの場合、市郡別推薦を通じて別途の選定審査なしで選抜する。残りの3分野は各集まりの性格に適合する道民なら誰でも支援を受けられるため、書類審査を経て最終選拔する。募集人数は分野別50人ほどで計200人だ。   書類審査を通じて募集される3分野の募集期間は7月25日までだ。京畿道女性ビジョンセンターのホームページ(https://www.gg.go.kr/woman)公知事項で申し込み書式をダウンロードして担当者へメール、またはオンラインで申し込むこと。詳しいことは京畿道女性ビジョンセンター(031-8008-8013)。 子どもを持とうと考えている親、親のための人性(人となり)教育 京畿道が9月まで道內の子どもを持とうと考えている親、子どものいる人を対象に人性教育‘京畿道立派な親’を実施する。   京畿道北部育児綜合支援センターが主管する今回の教育は、道內の華城、始興などの保育所18ヶ所でオンライン会議プラットフォームのズーム(zoom)で進行する。ただし一部の保育所は対面教育も並行する。   教育は▲親の役割 ▲子どもの理解(気質·愛着教育) ▲子どもとの関係づくり(問題行動指導)の3つの講義で構成されている。 講義の教育時間は約120分だ。   今年の5月から始まった講義は、上半期(223人修了)に続いて7月から下半期の教育に入る。教育申し込みを希望する子どもを持とうと考えている親、乳幼児の親は、教育対象保育所18ヶ所で教育日程を確認後に申し込むこと。   一方、‘京畿道立派な親’親人性教育資格課程は、昨年の‘乳幼児人性教育アイディア(政策提案)公募展’で選定された新規事業だ。  
    • 한국어
    • 행사
    • 日本語
    2021-07-19
  • 首都圏ソーシャル・ディスタンシング12日から4段階に調整
    <사진 국무총리실>   <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=6475>   政府が首都圏のソーシャル・ディスタンシング段階を7月12日から2週間4段階に格上げした。   今回の措置に従って午後6時以後は3人以上の集まりは禁止され、2人だけが私的に集まることができる。午後6時以前は4人まで私的な集まりが許される。   食堂、カフェなど、多重利用施設は午後10時まで運営され、クラブ、ハンティング居酒屋のような遊興施設の場合、集合禁止を維持する。    1人デモ以外の集会と行事も全面禁止される。結婚式と葬式には親族だけが参加できる。親族(8寸以內の血族、4寸以內の姻戚、配偶者)も49人までが許容範囲だ。    学校は新しいディスタンシング4段階により、全面遠隔授業に転換されるが、日程変更準備期間を経て7月14日から本格適用される。    宗敎施設はオンライン礼拝のみ可能、各種集まり、行事と食事、宿泊は禁止だ。   職場勤務は製造業を除く事業場には時差出退勤制、昼休み時差制、在宅勤務30%を勧告している。   正規公演施設の公演は公演場防疫守則の遵守を条件にしているが、それ以外の臨時公演タイプの室內外公演は行事的なものとみなされすべて禁止。    ワクチン接種者に適用されていた防疫緩和措置も留保となる。これにともない ▲直系家族の集まり ▲私的な集まり、行事 ▲多重利用施設 ▲宗敎活動、聖歌隊のなどの少人数の集まりなどに参加する場合、予防接種者でも集まりの利用人数基準から除外しない。   キム・ブリョ厶総理は、“最高水準のディスタンシング段階なので、これ以上退けないという覚悟で臨む。私的な集まりは今日からでも自制していただきたい”とし、“首都圏以外の自治体でもディスタンシング段階調整など、先制的防疫強化措置を積極的にしていただきたい”と念を押した。    今回の首都圏ソーシャル・ディスタンシング4段階措置は7月12日0時から適用され、25日24時まで2週間施行する。適用範囲は首都圏全体だ。    今回の措置で首都圏の多文化家族支援センターと外国人福祉センターなども、対面プログラムが全面取り消し、もしくは延期、オンライン転換されると予想される。
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-07-19
  • 所得が低く、日常生活が困難ならば生計給與を申請
    <자료=보건복지부>   基礎生活保障生計給與扶養義務者基準が大幅緩和される。   政府は2021年から‘高齢者’と‘一人親家族’、‘重度障がい者世帯’の基礎生活保障生計給與に対する扶養義務者基準を緩和する。   扶養義務者基準とは、基礎生活保障を申請した受給者のすべての世帯員を對象に、両親、子ども、など、1寸直系血族の財産所得水準を考慮することを指す。   所得がたいへん低く日常生活が困難な場合、政府の生計費支援を受けることができる。   その際、扶養義務者基準を確認し、申請者家族の両親と子どもなど、直系家族に財産や所得が多い者がいると生計費支給が拒否されたいた。   しかし今回‘高齢者がいる世帯’と‘一人親家族’、‘障がい者世帯’の扶養義務者基準が緩和されたことで、両親や子どもが財産が多いという理由で生計費支援を受けられない事例は減るだろうとみている。    緩和された扶養義務者基準によると、扶養義務者が年1億ウォン、月834万ウォン以上の高所得者や金融財産を除く財産が9億ウォン以上の場合にだけ生計費支援を受けることができない。   それ以外の場合は、生計費申請者の所得·財産などの基準のみを満せば、生計給與支援を受けることができる。    2021年基準生計給與を受けることができる中位所得30%基準は4人家族は146万2887ウォン、3人家族は119万5185ウォン。2人家族は92万6424ウォン。   自分の家族が受ける給與がこの基準に達していなければ、邑面洞行政福祉センターで生計給與を申請すること。   現在の自分の狀況がよく分からなければ、まずは行政福祉センターを訪問して、福祉擔當職員と相談することをお薦めする。   一方醫療給與は中位所得の40%以下、住居給與は中位所得の45%以下、敎育給與は中位所得の50%以下に支給するため、生計給與を受けられなくても他の給與の申請が可能だ。   政府は広報紙配布、ホームページ揭示など、積極的な広報を進め、對象者を發掘、より多くの人が恩恵を受けられるようにするとしている。   政府關係者は“より多くの市民が國民基礎生活保障制度の恩恵を受けられるようになると期待”とし、“過去には扶養義務者基準超過などにより支援を受けられなかった低所得層を積極的に發掘し、福祉の死角をなくしていく”とした。      詳しい內容はお住まいの邑面洞行政福祉センター窓口にて。 경기다문화뉴스   
    • 日本語
    • 生活情報誌
    2021-01-27
비밀번호 :