• 최종편집 2020-10-20(화)

日本語
Home >  日本語  >  就業

실시간뉴스
  • 多文化家族の韓國生活三つの質問ー就職、育児、家族關係登錄部など
      (質問1) フィリピン出身の主婦です。英語を教える仕事をして家計の助けになりたいのですが、どうすればいいですか? (答1) 多文化家族は大韓民國で生活するのに必要な職業敎育と訓練、コミュニケーション能力向上のための韓國語敎育などを、多文化家族支援センターにおいて、地域環境、結婚移民者の特性などにより職業敎育と關聯するプログラムを提供されます。多文化家族支援センター以外にも各地域の"新たに働く (새로일하기)センター"などを通じて就職連繫、敎育支援、職業訓鍊などを受けられます。 主に多文化家族支援センターでは、▲就業基礎素養敎育 ▲就職のための資格證、免許證などの準備クラス運營 ▲就職連繫中心のプログラムなどを實施し、多文化家族就職を支援しており、"新たに働くセンター"では體系的な職業訓鍊を支援しています。 (質問2) 言葉、生活習慣の差などにより育児に困難を抱えています。育児について支援を受けられますか? (答2) 言葉と文化の差などで育児に困難を抱える滿12歲未滿の子どもを養育している多文化家族は、子どもの育児全般にわたって敎育、相談サービスを提供されます。多文化家族構成員である兒童は、小学校入学前養育、敎育支援、韓國語敎育のための敎材支援、學習支援などの言語能力のために必要な支援を受けられます。また多文化家族構成員である児童は、學校生活に迅速に適應できるように科目以外の放課後敎育プログラムなどを、多文化家族支援センターで支援を受けることができます。支援內容は次の通りです。 ▲ 子どもの養育關聯相談、情報提供 ▲養育力量强化敎育 ▲家族カウンセリングなどの支援 ▲それ以外に韓國生活に必要な基本情報提供などです。 (質問3) 多文化家族が結婚すると韓國の家族關係登錄部にはどう記載されますか? (答3) 多文化家族が韓國男性と結婚すると、婚姻申告を受け付けた市(區)·邑·面の長は、結婚移住女性が婚姻申告で韓國の國籍を取得するのではないので、夫の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由のみを記錄する。そして後日多文化家族が韓國國籍を取得することになれば、結婚移住女性の家族關係登錄部を作成することになる。 もし韓國女性が外國人男性と結婚すると、書類を受け付けた韓國女性の登錄基準地市(區)·邑·面の長は、妻の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由を記錄し、後日にもし韓國女性が外國國籍を取得して韓國國籍を喪失すると、國籍喪失申告などにより家族關係登錄部を閉鎖します。   아키오 기자  
    • 日本語
    • 就業
    2020-04-08
  • 多文化家族就職情報、外國人住民のための企業面接方法案內
    面接とは企業が志願者と仕事の適合性を把握するためのものです。   多くの志願者のうち、企業および該當職務に適合する人材を、短い時間で把握するのは容易くありません。このような問題を解消するために、多くの企業が多樣な面接方式を導入(PT、討論、狀況など)して、面接官は多樣な質問を通じて志願者の資質を試驗します。   1. 職務適合性 志願者が會社に入社してから行う仕事とは職務です。職務を円滑に遂行することができる能力に関する檢證は必須です。專攻の一致性(關聯知識習得有無)、資格證取得および敎育修了などを判斷し、職務遂行に対する準備状況を評價します。   2. 適性 業種および部署ごとに雰圍氣と環境は違ってきます。事務従事者と營業従事者はチームの雰圍氣、業務スタイルが違ってくるので、業務特性にあう適性かを綜合的に評價します。   3. 長期勤續適合性 企業は採用過程で多くの投資を行います。新入社員入社後の敎育などの時間まで含むと、會社が社員採用のために使う費用と時間は一層増えます。   このように採用から敎育まで行った新入社員が退社する場合、會社はまた採用、入社後敎育などを繰り返さねばならないので、效率的ではありません。   したがって面接時に、職務遂行中に問題があった場合に関する質問、覺悟を確認する質問、長期ビジョンを持っているかなど、質問を通じて長期的に會社に寄與できる志願者であるかを見分けます。   4. 面接の手順  面接官との最初の出会いは、面接日程を決めるための連絡から始ります。礼儀を守るよう気をつけましょう。   面接の当日、志願者は面接場に入場し、軽く黙礼、決められた場所に行ってから深く腰を曲げてお辞儀をしましょう。まず面接官は簡単に自己紹介、どんな業務職員を選ぶのかを說明するはずです。   面接官は履歷書、自己紹介書を檢討後、志願者の力量把握のための質問をします。面接者は質問の意圖を把握して、自分の力量を最大限アピールできるように、具體的な經驗を例にあげて答えます。志願者は面接前に多樣な豫想質問を考え、具體的な答えを準備しておきます。   最後に伝えたいこと、あるいは志願者の質問に対する答えを行って、面接が終了します。面接官は今後の日程、結果通報時期などを伝え、面接受験への感謝を述べます。最後まで評價要素となるので留意し、‘ありがとうございました’という挨拶と、腰を曲げてのお辞儀を忘れずに面接場を退出します。   아키오 기자
    • 日本語
    • 就業
    2020-01-29

실시간 就業 기사

  • 多文化家族の韓國生活三つの質問ー就職、育児、家族關係登錄部など
      (質問1) フィリピン出身の主婦です。英語を教える仕事をして家計の助けになりたいのですが、どうすればいいですか? (答1) 多文化家族は大韓民國で生活するのに必要な職業敎育と訓練、コミュニケーション能力向上のための韓國語敎育などを、多文化家族支援センターにおいて、地域環境、結婚移民者の特性などにより職業敎育と關聯するプログラムを提供されます。多文化家族支援センター以外にも各地域の"新たに働く (새로일하기)センター"などを通じて就職連繫、敎育支援、職業訓鍊などを受けられます。 主に多文化家族支援センターでは、▲就業基礎素養敎育 ▲就職のための資格證、免許證などの準備クラス運營 ▲就職連繫中心のプログラムなどを實施し、多文化家族就職を支援しており、"新たに働くセンター"では體系的な職業訓鍊を支援しています。 (質問2) 言葉、生活習慣の差などにより育児に困難を抱えています。育児について支援を受けられますか? (答2) 言葉と文化の差などで育児に困難を抱える滿12歲未滿の子どもを養育している多文化家族は、子どもの育児全般にわたって敎育、相談サービスを提供されます。多文化家族構成員である兒童は、小学校入学前養育、敎育支援、韓國語敎育のための敎材支援、學習支援などの言語能力のために必要な支援を受けられます。また多文化家族構成員である児童は、學校生活に迅速に適應できるように科目以外の放課後敎育プログラムなどを、多文化家族支援センターで支援を受けることができます。支援內容は次の通りです。 ▲ 子どもの養育關聯相談、情報提供 ▲養育力量强化敎育 ▲家族カウンセリングなどの支援 ▲それ以外に韓國生活に必要な基本情報提供などです。 (質問3) 多文化家族が結婚すると韓國の家族關係登錄部にはどう記載されますか? (答3) 多文化家族が韓國男性と結婚すると、婚姻申告を受け付けた市(區)·邑·面の長は、結婚移住女性が婚姻申告で韓國の國籍を取得するのではないので、夫の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由のみを記錄する。そして後日多文化家族が韓國國籍を取得することになれば、結婚移住女性の家族關係登錄部を作成することになる。 もし韓國女性が外國人男性と結婚すると、書類を受け付けた韓國女性の登錄基準地市(區)·邑·面の長は、妻の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由を記錄し、後日にもし韓國女性が外國國籍を取得して韓國國籍を喪失すると、國籍喪失申告などにより家族關係登錄部を閉鎖します。   아키오 기자  
    • 日本語
    • 就業
    2020-04-08
  • 多文化家族就職情報、外國人住民のための企業面接方法案內
    面接とは企業が志願者と仕事の適合性を把握するためのものです。   多くの志願者のうち、企業および該當職務に適合する人材を、短い時間で把握するのは容易くありません。このような問題を解消するために、多くの企業が多樣な面接方式を導入(PT、討論、狀況など)して、面接官は多樣な質問を通じて志願者の資質を試驗します。   1. 職務適合性 志願者が會社に入社してから行う仕事とは職務です。職務を円滑に遂行することができる能力に関する檢證は必須です。專攻の一致性(關聯知識習得有無)、資格證取得および敎育修了などを判斷し、職務遂行に対する準備状況を評價します。   2. 適性 業種および部署ごとに雰圍氣と環境は違ってきます。事務従事者と營業従事者はチームの雰圍氣、業務スタイルが違ってくるので、業務特性にあう適性かを綜合的に評價します。   3. 長期勤續適合性 企業は採用過程で多くの投資を行います。新入社員入社後の敎育などの時間まで含むと、會社が社員採用のために使う費用と時間は一層増えます。   このように採用から敎育まで行った新入社員が退社する場合、會社はまた採用、入社後敎育などを繰り返さねばならないので、效率的ではありません。   したがって面接時に、職務遂行中に問題があった場合に関する質問、覺悟を確認する質問、長期ビジョンを持っているかなど、質問を通じて長期的に會社に寄與できる志願者であるかを見分けます。   4. 面接の手順  面接官との最初の出会いは、面接日程を決めるための連絡から始ります。礼儀を守るよう気をつけましょう。   面接の当日、志願者は面接場に入場し、軽く黙礼、決められた場所に行ってから深く腰を曲げてお辞儀をしましょう。まず面接官は簡単に自己紹介、どんな業務職員を選ぶのかを說明するはずです。   面接官は履歷書、自己紹介書を檢討後、志願者の力量把握のための質問をします。面接者は質問の意圖を把握して、自分の力量を最大限アピールできるように、具體的な經驗を例にあげて答えます。志願者は面接前に多樣な豫想質問を考え、具體的な答えを準備しておきます。   最後に伝えたいこと、あるいは志願者の質問に対する答えを行って、面接が終了します。面接官は今後の日程、結果通報時期などを伝え、面接受験への感謝を述べます。最後まで評價要素となるので留意し、‘ありがとうございました’という挨拶と、腰を曲げてのお辞儀を忘れずに面接場を退出します。   아키오 기자
    • 日本語
    • 就業
    2020-01-29
비밀번호 :