• 최종편집 2021-12-03(금)

日本語
Home >  日本語  >  就業

실시간뉴스
  • 中途入国子女とは?
    <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=5889>   国際結婚、多文化家庭という言葉はよく聞いたことがあるだろう。しかし中途入国青少年という言葉は耳にしたことがあるだろうか。結婚移民者のうち、韓国人配偶者と再婚し、以前の結婚で生んだ子どもを韓国に連れてくるケース。   国際結婚家庭の子どもで、両親の本国で成長し学齢期に再入国するケース。外国人勤労者が入国後一定期間がすぎてから本国にいる子どもを連れてくるケース、脫北女性または男性が、外国人配偶者との間に第3国で出生した子どもを連れてくるケースなど、中途入国青少年は多様だ。   現在は韓国に入国する中途入国青少年の年齢が下がる中、中途入国青少年より中途入国子女と呼ぶようになってきている。 中途入国子女は一般的な多文化家庭の子どもたちとは明らかに違う。国内出生多文化家庭の子どもの大部分は本人が韓国人だと思っている。彼らは韓国で生まれ、韓国語を使って生活するため、韓国人だというアイデンティティーを持っている。    反面、中途入国子女の場合は、韓国国籍ではなく出生国家の国籍を持っており、帰化試験を受けて韓国国籍を取得するケースが多い。そのため本人が生まれ育った国に対するアイデンティティが相対的に韓国よりは大きい。   また韓国の言語と文化、生活に不馴れだ。しかしながら中途入国子女たちは韓国に定着するつもりで韓国に入国する。そして外見や韓国語の訛りによって 差別を受け、疎外感を感じることがある。    韓国人だというアイデンティティがあっても発音の差により、外国人扱いされる。またアイデンティティが確立する前の学齢期に差別を經驗し、どこにも居場所がないという疎外感により、アイデンティティの混乱と不安を感じる。筆者もそうだった。    韓国に来る前は活発な性格で交友関係も良く、勉強にも関心があったが、韓国の学校に入学してからは精神的に不安定になった。自信がなくなり、韓国語ができないため、失敗したりからかわれないように言葉数も少なくなった。人前で話すのが怖かった。特に学校生活に適応できず、成績も悪くなり精神的な影響が大きかった。    そこで筆者は韓国に中途入国して成長した経験をもつ者として、中途入国子女が韓国生活に適応し定着できるよう、社会的な配慮と福祉支援が必要だと考える。    筆者は今まで中途入国子女として韓国で生活し、言葉でたいへん苦労した。そのため中途入国子女が韓国語を学ぶことができる予備学校が全地域に設立され、二重言語敎師の採用を増やすべきだと考える。    韓国社会は中途入国子女に対する偏見と先入観を捨て、彼らをかわいそうな人間扱いしてはいけない。むしろ彼らを通じてより成熟した社会に発展していく機会としていくべきだ。   彼らが今後韓国でどのような役割を果たしていくか期待される。中途入国子女が韓国人のアイデンティティを確立し、生まれ育った国のアイデンティティも保てるように手助けすることで、韓国社会の大きな社会的資源となるだろう。
    • 日本語
    • 就業
    2021-03-08
  • 多文化家族の韓國生活三つの質問ー就職、育児、家族關係登錄部など
      (質問1) フィリピン出身の主婦です。英語を教える仕事をして家計の助けになりたいのですが、どうすればいいですか? (答1) 多文化家族は大韓民國で生活するのに必要な職業敎育と訓練、コミュニケーション能力向上のための韓國語敎育などを、多文化家族支援センターにおいて、地域環境、結婚移民者の特性などにより職業敎育と關聯するプログラムを提供されます。多文化家族支援センター以外にも各地域の"新たに働く (새로일하기)センター"などを通じて就職連繫、敎育支援、職業訓鍊などを受けられます。 主に多文化家族支援センターでは、▲就業基礎素養敎育 ▲就職のための資格證、免許證などの準備クラス運營 ▲就職連繫中心のプログラムなどを實施し、多文化家族就職を支援しており、"新たに働くセンター"では體系的な職業訓鍊を支援しています。 (質問2) 言葉、生活習慣の差などにより育児に困難を抱えています。育児について支援を受けられますか? (答2) 言葉と文化の差などで育児に困難を抱える滿12歲未滿の子どもを養育している多文化家族は、子どもの育児全般にわたって敎育、相談サービスを提供されます。多文化家族構成員である兒童は、小学校入学前養育、敎育支援、韓國語敎育のための敎材支援、學習支援などの言語能力のために必要な支援を受けられます。また多文化家族構成員である児童は、學校生活に迅速に適應できるように科目以外の放課後敎育プログラムなどを、多文化家族支援センターで支援を受けることができます。支援內容は次の通りです。 ▲ 子どもの養育關聯相談、情報提供 ▲養育力量强化敎育 ▲家族カウンセリングなどの支援 ▲それ以外に韓國生活に必要な基本情報提供などです。 (質問3) 多文化家族が結婚すると韓國の家族關係登錄部にはどう記載されますか? (答3) 多文化家族が韓國男性と結婚すると、婚姻申告を受け付けた市(區)·邑·面の長は、結婚移住女性が婚姻申告で韓國の國籍を取得するのではないので、夫の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由のみを記錄する。そして後日多文化家族が韓國國籍を取得することになれば、結婚移住女性の家族關係登錄部を作成することになる。 もし韓國女性が外國人男性と結婚すると、書類を受け付けた韓國女性の登錄基準地市(區)·邑·面の長は、妻の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由を記錄し、後日にもし韓國女性が外國國籍を取得して韓國國籍を喪失すると、國籍喪失申告などにより家族關係登錄部を閉鎖します。   아키오 기자  
    • 日本語
    • 就業
    2020-04-08

실시간 就業 기사

  • 中途入国子女とは?
    <한국어 http://www.danews.kr/news/view.php?no=5889>   国際結婚、多文化家庭という言葉はよく聞いたことがあるだろう。しかし中途入国青少年という言葉は耳にしたことがあるだろうか。結婚移民者のうち、韓国人配偶者と再婚し、以前の結婚で生んだ子どもを韓国に連れてくるケース。   国際結婚家庭の子どもで、両親の本国で成長し学齢期に再入国するケース。外国人勤労者が入国後一定期間がすぎてから本国にいる子どもを連れてくるケース、脫北女性または男性が、外国人配偶者との間に第3国で出生した子どもを連れてくるケースなど、中途入国青少年は多様だ。   現在は韓国に入国する中途入国青少年の年齢が下がる中、中途入国青少年より中途入国子女と呼ぶようになってきている。 中途入国子女は一般的な多文化家庭の子どもたちとは明らかに違う。国内出生多文化家庭の子どもの大部分は本人が韓国人だと思っている。彼らは韓国で生まれ、韓国語を使って生活するため、韓国人だというアイデンティティーを持っている。    反面、中途入国子女の場合は、韓国国籍ではなく出生国家の国籍を持っており、帰化試験を受けて韓国国籍を取得するケースが多い。そのため本人が生まれ育った国に対するアイデンティティが相対的に韓国よりは大きい。   また韓国の言語と文化、生活に不馴れだ。しかしながら中途入国子女たちは韓国に定着するつもりで韓国に入国する。そして外見や韓国語の訛りによって 差別を受け、疎外感を感じることがある。    韓国人だというアイデンティティがあっても発音の差により、外国人扱いされる。またアイデンティティが確立する前の学齢期に差別を經驗し、どこにも居場所がないという疎外感により、アイデンティティの混乱と不安を感じる。筆者もそうだった。    韓国に来る前は活発な性格で交友関係も良く、勉強にも関心があったが、韓国の学校に入学してからは精神的に不安定になった。自信がなくなり、韓国語ができないため、失敗したりからかわれないように言葉数も少なくなった。人前で話すのが怖かった。特に学校生活に適応できず、成績も悪くなり精神的な影響が大きかった。    そこで筆者は韓国に中途入国して成長した経験をもつ者として、中途入国子女が韓国生活に適応し定着できるよう、社会的な配慮と福祉支援が必要だと考える。    筆者は今まで中途入国子女として韓国で生活し、言葉でたいへん苦労した。そのため中途入国子女が韓国語を学ぶことができる予備学校が全地域に設立され、二重言語敎師の採用を増やすべきだと考える。    韓国社会は中途入国子女に対する偏見と先入観を捨て、彼らをかわいそうな人間扱いしてはいけない。むしろ彼らを通じてより成熟した社会に発展していく機会としていくべきだ。   彼らが今後韓国でどのような役割を果たしていくか期待される。中途入国子女が韓国人のアイデンティティを確立し、生まれ育った国のアイデンティティも保てるように手助けすることで、韓国社会の大きな社会的資源となるだろう。
    • 日本語
    • 就業
    2021-03-08
  • 多文化家族の韓國生活三つの質問ー就職、育児、家族關係登錄部など
      (質問1) フィリピン出身の主婦です。英語を教える仕事をして家計の助けになりたいのですが、どうすればいいですか? (答1) 多文化家族は大韓民國で生活するのに必要な職業敎育と訓練、コミュニケーション能力向上のための韓國語敎育などを、多文化家族支援センターにおいて、地域環境、結婚移民者の特性などにより職業敎育と關聯するプログラムを提供されます。多文化家族支援センター以外にも各地域の"新たに働く (새로일하기)センター"などを通じて就職連繫、敎育支援、職業訓鍊などを受けられます。 主に多文化家族支援センターでは、▲就業基礎素養敎育 ▲就職のための資格證、免許證などの準備クラス運營 ▲就職連繫中心のプログラムなどを實施し、多文化家族就職を支援しており、"新たに働くセンター"では體系的な職業訓鍊を支援しています。 (質問2) 言葉、生活習慣の差などにより育児に困難を抱えています。育児について支援を受けられますか? (答2) 言葉と文化の差などで育児に困難を抱える滿12歲未滿の子どもを養育している多文化家族は、子どもの育児全般にわたって敎育、相談サービスを提供されます。多文化家族構成員である兒童は、小学校入学前養育、敎育支援、韓國語敎育のための敎材支援、學習支援などの言語能力のために必要な支援を受けられます。また多文化家族構成員である児童は、學校生活に迅速に適應できるように科目以外の放課後敎育プログラムなどを、多文化家族支援センターで支援を受けることができます。支援內容は次の通りです。 ▲ 子どもの養育關聯相談、情報提供 ▲養育力量强化敎育 ▲家族カウンセリングなどの支援 ▲それ以外に韓國生活に必要な基本情報提供などです。 (質問3) 多文化家族が結婚すると韓國の家族關係登錄部にはどう記載されますか? (答3) 多文化家族が韓國男性と結婚すると、婚姻申告を受け付けた市(區)·邑·面の長は、結婚移住女性が婚姻申告で韓國の國籍を取得するのではないので、夫の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由のみを記錄する。そして後日多文化家族が韓國國籍を取得することになれば、結婚移住女性の家族關係登錄部を作成することになる。 もし韓國女性が外國人男性と結婚すると、書類を受け付けた韓國女性の登錄基準地市(區)·邑·面の長は、妻の家族關係登錄部一般登錄事項欄に婚姻事由を記錄し、後日にもし韓國女性が外國國籍を取得して韓國國籍を喪失すると、國籍喪失申告などにより家族關係登錄部を閉鎖します。   아키오 기자  
    • 日本語
    • 就業
    2020-04-08
비밀번호 :