• 최종편집 2020-09-21(월)

日本語
Home >  日本語  >  子女の教育

실시간뉴스
  • 多文化家庭内の二重言語環境造成、子どもの自尊心育てる
    #多文化家庭增加、二重言語敎育の必要性高まる 韓国社會は多文化家族が急速に増えている。ある調査硏究によると、2005年の國際結婚は結婚全体の13.6%(43,121件)だった。外國人勤勞者もまた急增しており、2005年には345,679人だ。北朝鮮からの移住者も急速に増えている。   京畿道には約4万5千人の結婚移民者が居住しており、全國(約15万7千人)の約28%を占めるほどその数が増えている。そのうち80%が中國、ベトナム女性だ。   社會構成員が多樣になり、多文化家庭の子どもたちの言語能力不足、アイデンティティー混亂などが社會問題として浮かび上がってきた。それにともない、多樣な文化を認めて韓国社會の力量として育てねばならないという意見が大きくなり、二重言語敎育の重要性が强調されている。   現場の專門家たちは、“二重言語環境が造成された多文化家庭内の子どもたちは、國家間の交流を媒介することができる未來の社會の成長動力となり、韓国社會にも多樣性を認め違う文化、言語があるれる力となる”だろうと指摘した。   #二重言語環境にある子ども、グローバル人材としての成長を手助け 京畿道內の多文化家族支援センターでは、多文化家庭內の子どもたちのための二重言語敎育とともに、両親を對象とする敎育を通じて二重言語環境造成の必要性と重要性を知らしめている。   センター關係者たちは、“多文化家族の子どもたちが家庭内で二重言語でコミュニケーションをとることができるように、二重言語環境造成のための両親役割と母語養育に対する情緖的不安感を減らす助けとなる   プログラムを準備、運營している”。“韓國社會定着のためにお母さんの国の言葉と文化を無條件で排斥していた初期とは違い、今では二重言語敎育が子どもの未來にとって助けとなるというと考える家族が増えている”と說明した。   家庭内二重言語環境は韓國社會で暮しているが、母親を通じて違う国の言葉と文化に自然に触れ学び、グローバル人材として成長することができる動力を備えることが可能だ。特に韓國語でコミュニケーションが難しい結婚移民者たちの場合、子どものとのコミュニケーションが難しく、幼いときから二重言語環境を造成すれば、それもおのずと解決する。   #多文化子どものアイデンティティー混亂を減らし、自尊心を育て 專門家たちはまた二重言語環境に触れた多文化家庭の子どもの場合、靑少年期の多文化子どもたちが経験するアイデンティティの混亂を減らし、二重言語使用などによる自尊心の向上などにも助けとなると展望している。   實際に多文化家族支援センターで進めるプログラムに参加した多文化家庭のある母親は、“二重言語を使って誇りを感じる機会だった”、“子どもたちにもう少し自信をもって母國語で話しかけ、二重言語を学ぶということがどれだけいい機會か教えることができる”、“韓國語がうまくないので、婚家の人たちと子どもたちの前で自身を失っていたが、二重言語両親敎育を受けてからは、そんな必要はないとということがよくわかった”と滿足感を口にした。   家庭內の二重言語敎育の利点は多文化家庭の子どもたちはもちろん、結婚移民者にとっても自尊心を高め、より韓國社會で健康に暮していくことができる力となることにある。   二重言語環境造成のためのプログラムは各地域多文化家族支援センターに問い合わせれば、詳しい案内を受けられる。 아키오 객원기자
    • 日本語
    • 子女の教育
    2020-02-02

실시간 子女の教育 기사

  • 多文化家庭内の二重言語環境造成、子どもの自尊心育てる
    #多文化家庭增加、二重言語敎育の必要性高まる 韓国社會は多文化家族が急速に増えている。ある調査硏究によると、2005年の國際結婚は結婚全体の13.6%(43,121件)だった。外國人勤勞者もまた急增しており、2005年には345,679人だ。北朝鮮からの移住者も急速に増えている。   京畿道には約4万5千人の結婚移民者が居住しており、全國(約15万7千人)の約28%を占めるほどその数が増えている。そのうち80%が中國、ベトナム女性だ。   社會構成員が多樣になり、多文化家庭の子どもたちの言語能力不足、アイデンティティー混亂などが社會問題として浮かび上がってきた。それにともない、多樣な文化を認めて韓国社會の力量として育てねばならないという意見が大きくなり、二重言語敎育の重要性が强調されている。   現場の專門家たちは、“二重言語環境が造成された多文化家庭内の子どもたちは、國家間の交流を媒介することができる未來の社會の成長動力となり、韓国社會にも多樣性を認め違う文化、言語があるれる力となる”だろうと指摘した。   #二重言語環境にある子ども、グローバル人材としての成長を手助け 京畿道內の多文化家族支援センターでは、多文化家庭內の子どもたちのための二重言語敎育とともに、両親を對象とする敎育を通じて二重言語環境造成の必要性と重要性を知らしめている。   センター關係者たちは、“多文化家族の子どもたちが家庭内で二重言語でコミュニケーションをとることができるように、二重言語環境造成のための両親役割と母語養育に対する情緖的不安感を減らす助けとなる   プログラムを準備、運營している”。“韓國社會定着のためにお母さんの国の言葉と文化を無條件で排斥していた初期とは違い、今では二重言語敎育が子どもの未來にとって助けとなるというと考える家族が増えている”と說明した。   家庭内二重言語環境は韓國社會で暮しているが、母親を通じて違う国の言葉と文化に自然に触れ学び、グローバル人材として成長することができる動力を備えることが可能だ。特に韓國語でコミュニケーションが難しい結婚移民者たちの場合、子どものとのコミュニケーションが難しく、幼いときから二重言語環境を造成すれば、それもおのずと解決する。   #多文化子どものアイデンティティー混亂を減らし、自尊心を育て 專門家たちはまた二重言語環境に触れた多文化家庭の子どもの場合、靑少年期の多文化子どもたちが経験するアイデンティティの混亂を減らし、二重言語使用などによる自尊心の向上などにも助けとなると展望している。   實際に多文化家族支援センターで進めるプログラムに参加した多文化家庭のある母親は、“二重言語を使って誇りを感じる機会だった”、“子どもたちにもう少し自信をもって母國語で話しかけ、二重言語を学ぶということがどれだけいい機會か教えることができる”、“韓國語がうまくないので、婚家の人たちと子どもたちの前で自身を失っていたが、二重言語両親敎育を受けてからは、そんな必要はないとということがよくわかった”と滿足感を口にした。   家庭內の二重言語敎育の利点は多文化家庭の子どもたちはもちろん、結婚移民者にとっても自尊心を高め、より韓國社會で健康に暮していくことができる力となることにある。   二重言語環境造成のためのプログラムは各地域多文化家族支援センターに問い合わせれば、詳しい案内を受けられる。 아키오 객원기자
    • 日本語
    • 子女の教育
    2020-02-02
비밀번호 :