• 최종편집 2019-10-22(화)

“月10万ウォンづつ支給する兒童手當、申し込みましたか?”

多文化家族育兒情報、9月から兒童手當‘満6歳から滿7歲’に擴大

댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2019.09.07 13:54
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게
9から兒童手當支給年齡現行滿6歲未滿から滿7歲未滿(0~83)へと擴大されるこれに支給準備本格的められている
 
多文化家族どもが兒童手當支給對象該當するか調べてみよう兒童手當一度んだことがなく支給されたことがなければ居住地邑面洞住民センターでむこと
 
昨年9所得下位90%家庭滿6歲未滿兒童10ウォンづつ支援されていた兒童手當法改定によって今年1から所得財産調査なしにすべての6歲未滿兒童支給されている9からその對象小学校入學前兒童にまで拡大される
 
滿6誕生日をすぎて兒童手當支給中斷された兒童のうち滿7歲未滿(201210月生まれ~20138月生まれ)40万人手當支給される中斷期間手當支給されないが兒童手當めば再申請なしに手當支給される
これにともない保健福祉部によると各地方自治團體公務員受給權喪失して兒童手當支給される兒童について9から職權支給申手続きに
 
現行兒童手當法兒童手當支給んで支給決定されたが91日以前手當支給中斷された兒童支給年齡擴大される9月以後兒童手當支給申請したものとする
 
ただ手當支給まない場合'兒童手當支給除外要請書'作成して邑面洞住民センターに訪問 提出するか携帶電話などで撮影してメールファックスなどで送付すればよい
 
政府兒童手當支給中斷された兒童保護者先月から今月までの月間事前案內文字メールをった以前申請当時保護者支給口座などがうならば邑面洞住民センター擔當者連絡して情報修正すること
 
兒童手當まなければならない申請主義なのでまだんでいないならば住民センターや福祉복지로(www.bokjiro.go.kr)移動通信應用プログラムモーバイルウェブなどでむことができる申請しない家庭には申請案內文送付される予定
 
政府受給中斷した兒童する職權申請新規申請受けなどを次第925滿7歲未滿對象兒童手當支給する
 
10ウォンづつ現金支給(地方自治團體条件などによって故鄕愛商品券などで支給可能)される兒童手當により該當家庭貧困率6%くまでるという硏究結果もある
 
2017年韓國保健社會硏究院'兒童家庭所得支援制度所得再分配效果'報告書をみると兒童手當支給によって0~5歲兒童がいる家庭貧困率市場所得基準貧困率対比5.91%兒童貧困率5.65%減少するという效果發生
 
아키오 객원기자
태그
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
“月10万ウォンづつ支給する兒童手當、申し込みましたか?”
보내는 분 이메일
받는 분 이메일