• 최종편집 2020-06-02(화)

韓国の外国人、多文化政策

한국의 외국인, 다문화정책

댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2019.11.08 16:51
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

 

 韓国1980年代まではドイツへの看護婦当時)、鉱山労働者中東諸国への労働者派遣など国内労働者でした1990年代急速経済成長民主化日本じような少子高齢化韓国では低出産高齢化います今度外国人へと変化していきます労働力不足外国人労働者存在不可欠になってきたのですそこで日本研修技能実習制度類似する外国人産業研究研修就業制度制定積極的外国人れにしますまた2004からは雇用許可制をスタートさせます

 このようなきに2000年代ると韓国人外国出身者との国際結婚とりわけ地方農林水産業男性東南アジアなどのいわゆる発展途上国からの女性との結婚急増します2009韓国国内婚姻件数10外国人との結婚めたほどですこれは女性社会進出都市きに結果農山漁村地域男性結婚難深刻化するなかで東南アジアなどの女性韓国人との結婚じて社会的上昇んだいわゆるコリアンドリーム」)ことによってもららされたものがいとえられます以後緩やかにそのりつつありますが依然として国内婚姻数める割合一定程度存在現在では国際結婚まれたどもの増加しています

 社会急激変化韓国ではえる外国人人権問題社会的処遇考慮2007には在韓外国人処遇基本法2008には多文化家族支援法制定しましたそして全国自治体ごとに多文化家族支援センターを設置しています問題直面すると短期法律をつくり予算確保するという韓国のスタイルはたいへんダイナミックです

 法制度確立支援センターがあるということはたち外国人にとってたいへん心強いものですまず入国初期には韓国語講座各種韓国文化講座無料受講することができますまた近年では外国人韓国社会同化させるのではなく外国人母語文化などを尊重多文化家庭どもたちへの教育支援したり外国人講師として多文化理解教育うなど社会統合としての多文化教育めています

 しかしながら韓国多文化家族支援政策基本的国際結婚家庭つまり韓国人家族であること将来韓国籍取得して韓国人となるまた韓国国民であるどもをてる家庭対象としていることからたいへん限定的だとえますつまり外国人労働者などの外国人家庭韓国国籍をもつ在日朝鮮人韓国人結婚などはその範疇にはいりませんしたがってセンターへの登録制限されています現場裁量運営されているところもありますが、"多文化銘打には外国人労働者しての支援には限界があるようです

 このように限定的ではあり中身はまだ不十分とはいえ日本べてみると大変進んでいるとえます中途入国学齢期どものための公立委託学校寄宿舎完備存在日本からもたいへん注目されていますまた一定居住要件たした外国籍者地方参政権めている植民地支配歴史によってされた在日朝鮮人市民権いまだに制限している日本見習わなければならないことだといます外国人労働者する々な人権侵害多文化家庭内在する問題など韓国社会課題はまだまだたくさんありますがしっかりとした法体系地方自治体々な機関そして外国人当事者たちの活動により韓国確実多文化共生社会へと変化けています

 

태그

BEST 뉴스

전체댓글 0

  • 58730
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
韓国の外国人、多文化政策
보내는 분 이메일
받는 분 이메일