• 최종편집 2020-08-14(금)

親子関係不在確認訴訟、勝訴事例

친생자부존재확인 승소사례

댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2019.11.08 17:43
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

 

 どもの母親との婚姻中男性とのどもを出産した場合民法上どもの父親であると推定されます母親婚姻中男性とのどもをんだ場合どもは推定されるのでどもとしてのみ出生届可能です

 

 したがってではなく実際父親どもとしてるためには裁判所親子関係否認または親子関係不在確認えをおこして勝訴しなければなりません私引けたでは母親前夫との婚姻中男性とのどもを出産その前夫推定されどもの父親だと出生届しましたしかし後日前夫離婚どもの実際父親再婚しました

 

 この場合親子関係否認えを提起することができる期間理由があることをったから2年以内からだいぶ経過していたため親子関係不在確認えを提起後、(1婚姻期間中であってもどもの母親どもを妊娠した当時別居していたという事実2どもと父親との遺伝子検査結果血縁関係がないことを立証してどもと元夫との親子関係不在であることを確認する判決けました

 

 これによりどもが実際父親として届出できるようになり書類上父親実際父親っていたという問題解決しました

 

 아키오 객원기자

 

태그

전체댓글 0

  • 32399
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
親子関係不在確認訴訟、勝訴事例
보내는 분 이메일
받는 분 이메일