• 최종편집 2020-02-21(금)
댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2019.12.03 15:45
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

京畿道京畿道型緊急福祉事業對象選定基準緩和全國最大水準低所得層脆弱階層支援實施する

 

京畿道型緊急福祉事業主生計者死亡家出行方不明拘禁重大疾病失業事業失敗などにより生計維持困難狀況におかれた低所得脆弱階層生計·醫療·住居·敎育など多樣分野支援實施することで福祉死角地帶解消をはかる事業

 

危機狀況となった低所得層対象にした事業であるだけに、▲所得基準 財産基準 金融財産などの3つの基準たさなければならない

 

京畿道危機狀況になっているよりくの低所得層世帯支援實施するために保健福祉部社會保障制度變更協議先月29所得基準財産基準金融財産などの3つの基準をすべて緩和した

 

緩和された內容第一所得基準中位所得80%以下から中位所得90%以下まで擴大された

 

中位所得90%以下全國最大水準實質的危機していても世帯内所得があるため支援對象から除外されていた世帯ると期待される

 

これとともに財産基準市地域場合15,000ウォン以下から24,200ウォンに郡地域9,500ウォン以下から15,200ウォン以下緩和されんでいる價格のために支援けることができない世帯ることになる

 

最後保有する金融財産基準旣存500ウォン以下から1,000ウォン以下緩和された

 

このように京畿道型緊急福祉事業選定基準緩和京畿道型緊急福祉事業支援恩恵けることができる危機家庭9,000世帯から9,400世帯までえるとられている

 

これに京畿道今年豫算である954,100ウォンより42,900ウォンを增加した997,000ウォンの豫算編成圓滑支援方針

 

また京畿道生計困難電氣代えないでいる危機家庭のための支援項目滯納電氣料金支援新設病院入院時にのみ可能であった醫療費支援申請入院時有線電話などで申請意思らかにした場合って退院後にも申請可能とした

 

これ以外にも世帯中心選定基準のために深刻危機狀況にもかかわらず支援けることができない道民がいないよう個人單位支援擴大福祉死角地帶最小化していく方針

 

危機狀況困難がある地域住民發見した道民京畿道コールセンター(031-120)または居住地邑面洞住民センターに電話して支援可否わせることができる

태그

전체댓글 0

  • 76496
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
移住民福祉情報、‘京畿道型緊急福祉事業’の對象擴大
보내는 분 이메일
받는 분 이메일