• 최종편집 2020-02-21(금)
댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2020.01.22 17:08
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

ビニールハウスや小部屋考試院などむにはたいへん不便場所居住するたちが公共賃貸住宅移住する場合負担らすために住宅保證金費用生活必需品などを支援移住對象賃貸住宅には冷藏庫洗濯機などの生活必需家電設置される

 

住居福祉財團庶民住宅金融財團韓國土地住宅公社(LH)韓國鑑定院住宅都市保證公社(HUG)住宅管理工團脆弱階層公共賃貸住宅移住および定着支援のための業務協約んだ

 

これら機關社會貢獻事業連携して非住宅居住者公共賃貸住宅移住する場合保證金費用生活必需品支援うことを決定した

 

昨年住居福祉財團首都圈非住宅居住者對象にした面接調査保證金いので公共賃貸住宅入居めたというえが62%したためだ

 

保證金非住宅居住者公共賃貸住宅入居きな問題となっており廉価策定された保證金(50ウォン)庶民住宅金融財團LH代納する方式解決することにした

 

費用生活必需品20ウォンを限度支援入居する賃貸住宅には冷藏庫洗濯機など必需生活家電設置される

 

LH自活福祉開發院地域自活センターと連携賃貸住宅移住する非住宅居住者にカフェ製菓店修理工など多様仕事先紹介する予定

 

政府昨年10國土交通部保健福祉部などの關係部署合同住居支援强化對策確定2022までに非住宅居住者にオーダーメード型公共賃貸住宅13千号優先支援する計画てた

 

国土部はこの目標達成のために9から全國基礎地方自治團體現場訪問チームを構成非住宅居住者對象とした公共賃貸住宅移住希望需要全數調査っている移住意思確認されるとLH移住支援センターとのカウンセリング賃貸住宅物色移住のための行政手続きまでワン・ストップでわれる

 

協約式參席したパク・ソンホ國土部1次官住居環境劣惡脆弱階層住居改善支援するためこの賃貸住宅供給移住仕事先など統合支援プログラムを準備したとし小部屋·老朽考試院など劣惡場所居住するたちが統合支援プログラムをじて生活向上するよう積極支援するべた

태그

전체댓글 0

  • 81956
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
多文化家族住居情報、非住宅居住脆弱階層に移住支援
보내는 분 이메일
받는 분 이메일