• 최종편집 2020-02-16(일)
댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2020.01.29 16:53
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

面接とは企業志願者仕事適合性把握するためのものです

 

くの志願者のうち企業および該當職務適合する人材時間把握するのは容易くありませんこのような問題解消するためにくの企業多樣面接方式導入(PT討論狀況など)して面接官多樣質問じて志願者資質試驗します

 

1. 職務適合性

志願者會社入社してから仕事とは職務です職務円滑遂行することができる能力する檢證必須です專攻一致性(關聯知識習得有無)資格證取得および敎育修了などを判斷職務遂行する準備状況評價します

 

2. 適性

業種および部署ごとに雰圍氣環境ってきます事務従事者營業従事者はチームの雰圍氣業務スタイルがってくるので業務特性にあう適性かを綜合的評價します

 

3. 長期勤續適合性

企業採用過程くの投資います新入社員入社後敎育などの時間までむと會社社員採用のために使費用時間一層増えます

 

このように採用から敎育までった新入社員退社する場合會社はまた採用入社後敎育などをさねばならないので效率的ではありません

 

したがって面接時職務遂行中問題があった場合する質問覺悟確認する質問長期ビジョンをっているかなど質問じて長期的會社寄與できる志願者であるかを見分けます

 

4. 面接手順 

面接官との最初出会いは面接日程めるための連絡からります礼儀るようをつけましょう

 

面接当日志願者面接場入場黙礼められた場所ってからげてお辞儀をしましょうまず面接官簡単自己紹介どんな業務職員ぶのかを說明するはずです

 

面接官履歷書自己紹介書檢討後志願者力量把握のための質問をします面接者質問意圖把握して自分力量最大限アピールできるように具體的經驗にあげてえます志願者面接前多樣豫想質問具體的えを準備しておきます

 

最後えたいことあるいは志願者質問するえをって面接終了します面接官今後日程結果通報時期などを面接受験への感謝べます最後まで評價要素となるので留意ありがとうございましたという挨拶げてのお辞儀れずに面接場退出します

태그

전체댓글 0

  • 27194
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
多文化家族就職情報、外國人住民のための企業面接方法案內
보내는 분 이메일
받는 분 이메일