• 최종편집 2020-08-04(화)
댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2020.03.18 14:18
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

信用カードは年會費が、チェックカードは利点があまりない。だからといって現金を持っていると財布がかさんで不便だ。ところで最近カードと現金の長點だけを集めた‘魔法貨幣’が登場し話題になっている。 


この貨幣で消費者は決濟額の一部を返却され、小商工人も支援することができる。それに現金と同一の 所得控除まで受けられるというから、いったい貨幣とは何なのか調べてみよう。


地域貨幣とは政府と自治体が、地域經濟の活性化の方法として準備した貨幣だ。全國民が使用する信用カードやチェックカード、現金とは違い、所屬地域の賣場でのみ使用可能というのが特徵だ。 


また信用カードに比べて手數料が約0.3%程度低く、加盟手數料がない。そのため地域の小商工人の賣売り上げ上昇の手助けとなるという。


消費者の立場ではどうだろうか?消費者は地域貨幣を使うことで、キャッシュバック、割引、所得控除などの多樣な特典を受けられる。 


このような特典は全國の自治体ごとに似通っているが、地域別にインセンティブ適用パーセントが少しづつ違う。地域貨幣は紙タイプ、充電式チェックカード、モバイルなど3つのタイプで充電して使用する。


例えば現在まで地域貨幣のうち最も成功的だと好評を得ている仁川eウムカードは、仁川地域のみで使用できる地域貨幣だ。

 
發行8ヶ月で累積加入者數が82萬7,000人を超え、仁川人口の1/4が使用しているとみられる。一時期仁川ヨンス区は仁川eウムカード使用に11%という破格的なインセンティブ特典を提供していたが、現在は財政上の問題で仁川全域が4%程度となっている。

 
京畿地域貨幣は京畿道全域で使用可能な地域貨幣だ。導入初期には大部分の市で決濟額の10%をインセンティブとしており、たいへんな人気を博した。例えば10萬ウォンで地域貨幣を購入すると、11萬ウォン使えるようにするというのだ。残念ながら現在は名節などの時だけという限定で10%の特典を提供し、平常時には充電額の6%を追加している。  


しかしこのような破格的特典の裏には盲點も存在する。地域貨幣が內需市場全般に打擊を与える可能性が指摘されている。消費者が地域貨幣だけを使用すると、地域間商品交易が斷絶しまるで‘保護貿易’のようなことになりかねないからだ。
しかし同時に地域貨幣の中心に市民社會が根付いたら、大企業と小商工人が相生する地域産業生態系をつくりあげることができる。


小商工人を助け、地域社會を生かすという趣旨でスタートした地域貨幣。商人と消費者両者が特典を分かち合えるよう政府も支援を惜しまない。多文化家族も京畿地域貨幣購入して使ってみよう。問い合わせ:1899-7997

아키오 기자

 

태그

전체댓글 0

  • 46375
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
多文化家族經濟情報、100萬ウォンぶんを購入すると6~10萬ウォンが特典、京畿地域貨幣
보내는 분 이메일
받는 분 이메일