• 최종편집 2020-09-19(토)
댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2020.04.06 13:55
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게
多文化家族も廣域交通カードを使うと、‘交通費30%’が削減され、生活費節約の助けになる。

廣域節約カードは政府が大衆交通と步行、自轉車利用を獎勵し、乘用車利用自制をそくし未來交通體系を構築するようにするために導入した。

特に廣域節約交通カード・マイレージは、公共交通利用時歩行と自轉車で移動した距離に比例してマイレージを支給し、カード社割引特典に連繫させた。

利用者がバスなどを利用するために歩いたり自轉車を利用した距離の分だけマイレージを積立る。

マイレージが利用者がアプリを設置すると、スマートフォンGPSを活用し家と會社からバス停留場まで移動した距離を測定して計算される。カード社は月積立マイレージの分だけ次の月に請求割引する。

步行と自轉車で800mを移動した場合、マイレージ1回(乗り換え含む)割引(支給)額は、公共交通利用料が2千ウォン以下の場合250ウォン(20%)、3千ウォン以下の場合350ウォン(17.5%)、3千ウォンを超過した場合450ウォン(15%)だ。

月支援上限額(44回基準)は市內は1萬1千ウォン、廣域は1萬9800ウォンだ。

大気汚染低減措置發令時には乘用車利用縮小のため、該當地域に居州する利用者のマイレージは二倍に積立となる。

民間カード會社では特典をカード社別に提供する。一定條件を満たすと實績區間別1∼4萬ウォン相當の割引特典を提供する。

廣域節約交通カード(信用、チェック)を發給(http://alcard.kr)後、廣域節約マイレージアプリを設置すると使用することができる。

マイレージアプリを使用時には自宅から出發する場合、‘スタート’ボタンを押し、公共交通を利用後、職場(學校)到着時‘終了’ボタンを押せばいい。

ただ利用者は月15回以上利用する場合、マイレージを適用される。旣存乗り換え割引制度はそのまま維持され、全國バス、および地下鐵で使用できる。

昨年下半期示範事業を實施した廣域節約交通カード(以下節約カード)は、利用者ひとりあたり、月平均1萬2246ウォンの交通費割引と集計された。

利用を望む多文化家族は廣域節約交通カードインターネットホームページにて申請可能。

 

아키오 기자

태그

BEST 뉴스

전체댓글 0

  • 92105
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
“多文化家族も廣域節約(알뜰)交通カードを使って交通費30%節約!”
보내는 분 이메일
받는 분 이메일