• 최종편집 2020-09-24(목)

多文化家族の韓國生活に必要なプログラム、どんなものがありますか?

多文化家族生活情報、通翻譯、相談サービスと二重言語環境造成について

댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2020.03.31 16:54
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게

 

コロナ事態さえ終息すれば、社會的距離に積極に賛同し、様々な自粛を行っていた多文化家族支援センターは、多文化家族に必要な様々なプログラムを始める予定だ。どんなプログラムがあるか前もって調べてみよう。

結婚移民者のための通翻譯サービス

多文化家族支援センターは、結婚移民者の家族と社會生活に必要なコミュニケーション支援のために、カウンセリング人材を確保、結婚移民者通翻譯サービスを提供している。 

通翻譯は入國初期の結婚移民者のコミュニケーション、および生活支援と多文化家族內言語、文化的葛藤解決、そして結婚移民者の韓國生活定着に大きな助けとなっている。

京畿道は地域が広く、どの都市でも国ごとの通翻譯サービスに対する要求が高い。

そのためセンターは今年、 ▲他機關と連繫した通翻譯サービス ▲広報强化を通じたサービス提供擴大 ▲協約機關に訪問するサービス ▲他言語需要發生時、センター連繫などの多樣なサービスを推進している。

京畿道のある多文化家族支援センターの要求調査によると、法律(滯留關聯、歸化、社會統合プログラムなど)と關聯した通翻譯要求が57%で最も多く、次に公共機關(銀行、裁判所、病院など)利用時の通驛支援40%、日常生活および翻譯書類關聯要求がそれぞれ33%、30%など。

幸せな家族關係をつくるカウンセリングサービス

‘最近の多文化人口動態統計’資料によると、多文化世帶の結婚、離婚比率は持続的に變化している。その中でも2018年多文化家族の離婚は10254件で、全體離婚数のうちの9.4%を占める。

そのため多文化家族のカウンセリングサービス要求は毎年高まり、夫婦問題や家族關係についてのカウンセリングが増えている。
これに京畿道の多文化家族支援センターは危機家庭の様々な家族問題解決のために、管轄機關と連繫した統合的なサービスを推進している。 

一線のセンター關係者は、“多文化家族の文化、經濟、養育、性など、家族カウンセリング事例の內容は多樣化している”とし、“面接および電話、訪問、カウンセリングを通じて結婚移住民の適應彈力性を育て、多文化家族の健康な家族機能回復と豫防を支援するために、カウンセリングサービスの重要性は高まってきている”とした。

ますます重要性が高まる二重言語

多文化家族が増えるなか、二重言語環境造成の必要性について社會的關心も高まっている。

最近では子どもが幼いときから母親の母國語に自然に触れさせ、二重言語を習得できるよう手助けする二重言語環境造成の必要性が高まっている。

多文化家族支援センターは、多文化家庭の子どもたちのための二重言語敎育とともに、両親對象の敎育を通じて二重言語環境造成の重要性を広報している。

多樣な二重言語プログラムは、養育にたいする不安感を減らし、多文化家族の子どもたちの自尊心を育て、健康な成長をそくす。
特に韓國語でのコミュニケーションが難しい結婚移民者たちの場合、子どもとの韓国語でのコミュニケーションが上手くいかないため、幼いころから二重言語環境を造成すれば、子どもとのコミュニケーションに飛躍的に助けとなる。 

現場の專門家は、“二重言語環境が造成されている多文化家庭の子どもたちは、國家間交流を媒介する未來社會の成長動力となり、韓国社會の多樣性を育み、違う文化、言語を包容する力となるだろう”とした。

二重言語環境造成のためのプログラムは、各地域の多文化家族支援センターに問い合わせると詳しい案內を受けられる。

 

아키오 기자

태그

BEST 뉴스

전체댓글 0

  • 91989
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
多文化家族の韓國生活に必要なプログラム、どんなものがありますか?
보내는 분 이메일
받는 분 이메일