• 최종편집 2019-10-12(토)

多文化家族に有用な京畿道の福祉政策

どんなものがあるでしょうか?

댓글 0
  • 카카오스토리
  • 네이버밴드
  • 페이스북
  • 트위터
  • 구글플러스
기사입력 : 2019.07.05 16:30
  • 프린터
  • 이메일
  • 스크랩
  • 글자크게
  • 글자작게
 
イ・ジェミョン京畿道知事城南市長在職時から仕事のできる公職者として有名だった昨年京畿道知事となってから福祉政策京畿道全域擴大してふたたびできるイ・ジェミョンする期待きくなっている多文化家族っておけば有用知事福祉政策2っておけする
 
14周期別福祉政策推進
京畿道出生から老年期るまで、14生涯周期別福祉政策推進している京畿道周期別福祉事業2030世代結婚支援から出産育兒仕事場創出仕事家庭兩立中壮年老年期支援がすべてまれる
京畿道世代結婚計画するうえできな負担となっている住居問題解決すべく京畿幸福住宅供給する經濟的負担らし生活今後出産率めるという一石二鳥效果をめざす今年中坡州とウィワン水原ヨントンなど8地域13162022
でに1万号目標
出産家庭ならばでも所得関係なく出生児ひとりあたり50ウォンの産後ケア支援する事業めているこの事業所要される予算423ウォンで新生兒84600支援する予定
また京畿道母親のために兒童手当どもケア事業など仕事家庭兩立することができるように最大限支援する學校入学するには無償制服無償給食などで各家庭經濟的負担らしていく方針
靑年基本所得(靑年配當)24靑年分期ごとに25ウォンづつ1年間100ウォンを支援する事業軍服務靑年對象傷害保險軍服務中死亡または負傷した場合えるもので一人当年間41000ウォンの保險料(年間25ウォン所要予想)京畿道負担する
京畿道はこれ以外にも4060世代仕事創出のために72000ウォンの予算策定雇用促進プログラムを支援する政府基礎年金支援している
一言すとりかごから墓場までの福祉サービスを準備しているのがイ・ジェミョン流福祉政策核心
イ・ジェミョン知事すべての政策供給者より需要者立場重要需要者滿足できるよう恪別關心をもたねばとし京畿道政策全國すべての模範事例となるよう努力するとした
 
 
 
 
태그
비밀번호 :
메일보내기닫기
기사제목
多文化家族に有用な京畿道の福祉政策
보내는 분 이메일
받는 분 이메일